粘着質のヤバイ風俗嬢に要注意

だからこそ、風俗がより楽しいんです

日常生活が陳腐で平凡でつまらないものであればあるほど、風俗ってとっても楽しいものだなって思えると思うんですよね(笑)自分もそうです。毎日会社と家の往復。仕事も毎日同じようなことの繰り返しで、正直、これは自分である必要性は無いだろうなって思うんですよ。そういったことをしていると、やっぱりそれはどうしても自分でも何となくですけど、やっぱりあまり良い気にはならないかなっていうのはありますよね。でも、風俗という刺激があるからこそ、そんなつまらない毎日も耐えられるんじゃないのかなって。むしろ毎日がつまらないものだからこそ、その反動で風俗がより楽しいものに感じられるんじゃないのかなって思うんですよ(笑)平凡な毎日を送っている自分にとって、風俗の世界はまさにパラダイスそのものですよ。まったく違う世界というか、これだけ面白いからこそ、毎日つまらない仕事を頑張れるのかなとも思いますので、とにかく風俗の存在は大きいんですよ。

唯一無二の存在はとある風俗嬢

これは決して大袈裟な話ではありません。自分の中で唯一無二の存在と言えばとある風俗嬢なんです。心の支えと言っても決して過言ではないだけに、その風俗嬢が辞めてしまったらきっと自分は商機に戻ることが出来ないんじゃないかなと思うくらい、彼女の存在はとても大きいんです。なぜそこまで大きいのかと言えば、それは単純な話、他に楽しみがないからです(苦笑)仕事が楽しい訳でもなく、かといってプライベートが充実している訳でもありません。むしろプライベートがあまりにもつまらなさすぎるので、自分は何のために生きているんだろうと感じることも珍しくないんですよね(笑)だからこそ、プライベートでもっと楽しみたいって気持ちから風俗で遊ぶようになったんですけど、そこで出会ったのが彼女なんです。優しいし、こんな自分にも常にアイドルのような笑顔で接してくれる彼女の存在は、自分に想像以上のものをもたらしてくれているので唯一無二の存在なんです。