粘着質のヤバイ風俗嬢に要注意

チャレンジして良かったです!

あの日は自分自身、チャレンジした良かったなって思っています。初めてチャレンジする風俗だったんですよ。自分自身、かなりワクワクしました。いったいどういったものになるんだろうっていう気持ちはありましたけど、想像以上に自分にマッチしていたので試した良かった風俗ですよね。性感マッサージで遊んだんですけど、ここまで自分にマッチしているとは思っていませんでした。何となくというか、興味本位で楽しんでみたものだったんですけど、それはそれでとっても楽しかったので、自分なりに満足感の高い時間を過ごすことが出来たかなって思っていますね。性感マッサージがここまでマッチするとは思っていなかったというよりも、そもそも自分自身が性感マッサージに対して多少なりとも誤解していた部分がありましたね。もっと淡々としたものかなって思っていたんですけど、実際には濃厚なプレイを味わうことが出来たので文句なしどころか、自分にこれだけマッチした風俗はないだろうと。

地元の居酒屋が大切な理由

地元で常連の居酒屋があるんです。別にお酒が好きな訳じゃないんです。ダミーです。というのも、行きつけの居酒屋があれば何かと言い訳が出来るんですよ。風俗で遊んだ帰りにそこで匂いを付けたりとか(笑)その居酒屋は喫煙出来るんです。だからタバコの匂いが付いちゃいますけど、風俗で一戦を終えて、目に見えない女の子の香水とかボディソープの匂いが付いている状態よりはタバコの匂いの方が良いんじゃないかなと(笑)それに匂いだけの問題じゃないんです。時間的なアリバイですよね。やぱり嘘ってバレると思うんですよ。だから嘘をつかずに風俗で遊ぶとなると、帰りが遅くなった時に本当は風俗に行ってから一杯飲んだとしても「ついつい長居しちゃった」と言えるじゃないですか。これは厳密には嘘ではないですよね(笑)居酒屋に行ったという事実は紛れもないものなので、自分でも嘘をつくことなく、アリバイをしっかりと証明出来るとあって重宝しているんですよ。